あれから10年、「仲間と一緒にやりたい」と思うわたしがいる

沿岸の妊産婦さんたちが大変! 

——今日はよろしくお願いします。今は、忙しい時期なんですか?

うん、忙しいというか、来年の事業予算のことを考えなくちゃいけない、ちょっとストレスフルな時期です。コロナがまた広がった場合の対策も考えたり。なかなか落ち着かない。

——美代子さんが代表を務めている「まんまるママいわて」は花巻市に加え、釜石市と北上市の産後ケア事業の委託を受けているんですよね。今や、岩手県内で大きく活動が広がっているけれど、このインタビューでは、これまでに美代子さんの中で起こった変化のことを聞いていきたくて。少し前のことから聞いてみたいんですけど。ちょうど10年前って、何をしていたんですか?

今から10年前だと、2人目を産んで4週目くらいかな。県立病院の職員を辞めて、すでに自宅で個人助産院の看板をあげていました。将来は分娩も扱える助産院をしたいなあと思いながら岩手県ではなかなか難しく、まだ子どもも小さいし、保健センターの赤ちゃん訪問の仕事と産婦人科でのパートをしながら地固めというか、地域でつながりを作り出していた頃ですね。

——そして、年明けの3月に、東日本大震災が。

そう。花巻は内陸だったから、沿岸の様子がなかなかわからないなか、以前に久慈の病院で働いていたこともあり、医療関係の知人からメールでどんどん細切れの情報が来るんです。助け出されて避難する妊産婦さんたちが劣悪な環境に置かれてしまうって、体育館に避難しなくてはいけない産婦さんの情報が流れてきたりしました。内陸で受け入れなきゃ大変だ、なんとかしなくちゃ、盛岡の人たちは動き出した、さあ、花巻の私はどうしようと。自分は医療者だという強い自覚があったし、ちょうど自分も乳幼児を抱えて人ごとじゃなかったんですよね。

——それで、どうしたんですか?

とにかく情報収集。人を辿って。そうしたら、知人が3/23に「はなネット」という花巻のNPOのネットワークが支援活動についてのミーティングをするから顔を出してみてはどうかと教えてくれて。訳も分からず、乳飲み子をおんぶして上の子の手を引いて、夜の会合だけど出かけていったわけです。で、沿岸の妊産婦さんたちが大変なんですって話をしたら、みんな賛同してくれて、花巻での被災妊産婦受け入れ事業が立ち上がりました。様々なご縁をめぐって花巻市にある健考館アネックスという施設のオーナーが協力してくださって、4月から8月にかけて7組の妊産婦さんファミリーを受け入れしました。

写真:下平桃子

——そこで、今につながる活動が始まったんですね

うーん、でもこれはあくまで、地域3団体の協働事業という形でした。私は自分の仕事も4月には始まっていた一方、「やらなきゃ」の一心でほぼ毎日夕方になれば健考館に行って活動するし、毎日夜中までじゃんじゃんメールも来る。だけど、少しずつ「なぜあながたがやるの?」「会長でもないのに」みたいな空気も出てきて。

——ああ……

8/15に健考館から最後の方が退所するときには、心身ともに疲れ切ってました。

——自分から動いたときにそれだとね……そこから、どうして団体を立ち上げるに至ったの?

岩手から離れたのが良かった、のかな。9月頭に東京都の助産師さんが関わっていた復興支援プロジェクトの一環で研修に呼んでくれて。同じように、震災後に頑張っていた東北の助産師さんたちと一緒にホテルに泊まって、学びの場ではあったけど労ってくれたんですよね。慰安。東北のほかの地域の助産師さんたちとも交流して「私たち、がんばろうよ」みたいな気持ちになれて、一緒に行った仲間の助産師さんと構想が固まったわけです。よし、団体作ろうって、9/3ですね。一番最初は、「いわて助産師による復興支援まんまる」って名乗りました。

——はやい!

健考館から沿岸に帰っていくお母さんたち見送りながら、乳幼児を抱えて慣れない仮設暮らしはきっと大変だとわかっていたから、心が痛かったんですよね。「話ができる場所を作らないと」と始めたのが、沿岸でのママサロン活動でした。

——団体を作ったことで、まわりとの関係に変化はありました?

お互い直に声をかけやすくなったことかな。沿岸の被災地にいた助産師さんたちも、周りの状況を見てヤキモキしたり打ちのめされたりしていたけれど、病院の助産師さんは兼業してはいけない。だから、まんまるがサロン活動に行くとなると、声をかけてくれたりして。私も、「団体としてやっているから」と言いやすくなったし。全国助産師会からの支えもあって、とにかく目の前のお母さんたちをケアしなくちゃと久慈、宮古、釜石、縁のあるところ、ゆかりのあるところに日帰りで出かけていましたね。

写真提供:桑原慎一氏

で、あなた、やるの? やらないの?

——被災地支援のサロン活動から始まって、現在の産後ケア事業への転換はずいぶん大きな変化ですよね。何があったんですか?

まず、3年目のしんどさ(笑)。被災地の状況は変わらずまだまだ終わっていないのに、急に、支援金が集まらなくなりました。その頃、大企業がスポンサーになる案件がそこここにあったから、私もスポンサーさえ見つかれば、と思っていたんです。助成金に応募してはという話もあったけど、被災地のためという気持ちだけで動いていたからビジョンや計画を語ることができませんでした。いわて連携復興センターの葛巻さんが面倒がらずにお金も取らずに相談に乗ってくれて。葛巻さんが勧めてくれる研修や勉強会にはできる限り参加するようにしていたんですよね。

——コミュニティ・オーガナイジング*にもそこで出会った?

そう、葛巻さんに勧められました。コミュニティ・オーガナイジングの最初のワークショップに行ったとき、みんなカタカナばっかり使って、薄いパソコンカタカタ叩いて。こういう人たちと親しくなれるとはとても思えませんでした(笑)。ただ、とにかくよく分からないけど、習ったことをやってみなきゃ! 団体を組織しなくちゃ! って帰ってきてからまんまるの中で会議をするようになったんですよね。すると、意見の違いとかも出てきて。

——ビジョンを話したりとか?

はい、激動の始まり。でも一方で、コミュニティ・オーガナイジングで教わった「仲間」の考え方が私を変えました。

——まわりの人との関係が変わったんですか?

すごく。私は、自分は医療者だし「支援する側」と思い込んでいたけれど、支援ではないんだと気付いたんです。支援する相手は「ただの受益者」ではなくて、「仲間になってくれる可能性のある人」。コミュニティ・オーガナイジングでは「同志」という言い方をする。一番の困難を知っていて、伴走すれば走りきれる当事者。そう考えると、見えてくるものが全然違う。そうか、私たちを支えているのもサロンに来てくれるママたちなんだって気づいて、仲間になってもらえるよう働きかけたんです。そうすると、それまで思い込んでいた「支援しなきゃ」っていう言葉の傲慢さみたいなものにも気づいて。

——すごい変化

そんなわけで、ビジョンはモヤモヤしていたけれど、まず、仲間が増える感覚があった。団体メンバー4人が8人になりました。

その頃、もう一つ大きな出来事があって。2015年の8月に参加したETICの研修で、思い描くことを実現できない理由ばかり並べていたら、メンターの石川治江さんに「で、あなた、やるの? やらないの?」とズバリ聞かれて。この2択しかないんだと。それで、「やる」と口にしたら、やれる方法を考え始められるようになりました。それから会議を重ねて、2016年10月に、花巻で最初の産後ケア事業をスタートさせたんですよね。

——会議はメンバーたちとやっていたんですか?

ETICの研修3日間でざっくり考えて、まんまるのメンバーに「こういうことやりたい」って話すところから始めました。仲間は増えたけれど、産後ケアをめぐっては「何かあったらどうするの」とか、「そんなの都会だからできることでココじゃ無理」とか、ザワザワした空気になって。予定していた物件が使えないとか困難もあって。私も疑心暗鬼になって、みんなが魔女裁判にかけてくる村人みたいに見えたりとか。どうして協力し合えないんだろうって、誰も信じられなくなったときもありました。

写真:古里裕美

あ、私、子どもを産んだのにロスにいる

——それは、しんどい。そういうときはどうしたんですか?

やっぱり岩手を離れる、とか(笑)。ウィメンズアイ のグラスルーツ・アカデミー東北には助けられました。分かり合える人たちと出会えて、ずっと喋っていました。アカデミーの参加者たちは仲間だと感じます、みんなそれぞれリーダー的に活動しているから活動を率いる辛さもわかるし。このままここにいると自信をなくすっていう時に外に出て、お互い励ましあって。1回じゃなく、何度もそうやって出たり入ったりできました。

——美代子さんは、グラスルーツ・アカデミーには2015年2月の初回から参加したんですよね。2018年には、アカデミーのロサンゼルス研修にも行った。

そう。ロサンゼルス研修は、私にとってはものすごく大きい出来事でした。「あ、私、子どもを産んだのにロスにいる」っていうことが、まず、人生の大冒険。1週間以上家をあけて学びにいくなんてありえない。夫も、「母親で外国行くやつなんかいない」なんて言ってましたし。学ぶことは子どもや学生の特権で、大人、特にお母さんは学んじゃいけないと私自身も思い込んでいたんですよね。その枠を外れたとき、あ、私これからまだ何でもできる、って芯から思えました。

写真:NPO法人ウィメンズアイ

——そこは、どうして枠を踏み越えることができたんですか?

その前年の2017年のアカデミーのシアトル研修に、「あれ、仲間のお母さんが行ってるなー!」と思って。子どもいるよなあ、でも、平気で行ってるなあ。お母さんが行ってもいいんだなあ、と。それで、せめて子どもが小学校に上がったら、もしかして私も行けるんじゃないかと思って見ていました。家族は私の性格を知ってるからか、最終的には「どうせやるんでしょ」「決めたんでしょ」という感じ。

——仲間が、身近なロールモデルになったんですね。

この経験から、可能性、いろんな可能性があり得るんだと。誰にも許可がいらないって、感じることができました。いろんなところに仲間がいるって大事、お互いがロールモデルにもなる。以前は狭い医療の世界しか知らなかったけれど、NPOの世界に関わって、違う分野だけれど仲間だという人が広がりました。

——10年間の変化は大きかったんですね。

予測もしなかった人生を歩んでいます。震災がなかったら、一匹狼のままで、助産院の仕事にしても「人を雇う」みたいな考え方しか持てなかったと思います。こんなに多くの人と出会って、「仲間」という感覚を持てたことがすごい。まんまるのメンバーも一緒に働く仲間で、わたしが前に出がちなデコボコ組織だけど、信頼しあえる。常に「仲間と一緒にやりたい」と思うわたしがいることが一番の変化かなと思います。


佐藤美代子
1978年生まれ。岩手県盛岡市出身、岩手県花巻市在住。助産師。県立病院職員を経て、助産院を開業。2011年、東日本大震災で花巻での被災妊産婦受け入れ事業に関わったことをきっかけに、助産師とママをつなげる産後ケア・産前産後サポート事業を開始。現在3市から委託を受け、活動中。気分転換は、お買い物。

●まんまるママいわて https://manmaru.org/
●コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン http://communityorganizing.jp

インタビュー日 2020年10月12日
取材・文 塩本美紀

#岩手 #NPO #助産師 #産前産後サポート #産後ケア #グラスルーツ・アカデミー東北